資格

栄養学のプロ「管理栄養士」

shikaku5

管理栄養士

管理栄養士は厚生労働省によって認定された、医療系の国家資格で名称独占資格の一つです。栄養士業務の中でも高度な知識と技術を必要とし、複雑かつ困難な専門業務を受け持つのが管理栄養士です。管理栄養士は栄養士の上位にあたる資格で、栄養士よりも高度な知識と専門技術を求められ、管理栄養士のなかには、調理専門学校の講師、自治体での保健指導、食育についての通信講座の添削などを行っている人もいます。医師や看護師などと同じ立場でチーム医療にかかわる人も数多くいます。また、一定数以上の食事を供給する施設では有資格者を置くことが義務づけられていて、近年の高齢化や生活習慣病の増加により、ますますニーズは高まっています。

こんな人に向いている!

さて栄養士というと私たちの生活に大変なじみのある職種ですが、どのような人が向いているのでしょうか?管理栄養士は比較的大きな組織で働くことが多く、様々な人とかかわることが多いので、コミュニケーション能力と指導力があり、責任感が強い人が望ましいと考えられています。また、最近では健康ブームや食育などへの関心から、管理栄養士の存在が注目を集めています。また、管理栄養士はかかわる人々の健康状態を確認し、相談に乗りながら指導を行ったり、献立を考えたり、実際に調理を行ったりするほか食や栄養の知識を広めたりと、栄養学のプロとして、さまざまな業務を行うので、精神的タフさと柔軟性も必要になってきます。専門的な研究に専念するタイプよりも、人と上手くコミュニケーションを取りながら、それぞれ業務を円滑に遂行していくことができる人が向いていると言えるでしょう。

試験概要

管理栄養士の試験は受験制限があり、主に以下のような人に受験資格が与えられています。①2年生の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省健康局が認める施設において3年以上、栄養の指導に従事した者。②3年生の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、①に掲げる施設において1年以上、栄養の指導に従事した者③4年生の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、①に掲げる施設において1年以上、栄養の指導に従事した者④4年生の管理栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた者、などです。試験日は例年3月中旬にあり、受験料は6,800円です。試験内容は①社会・環境と健康②人体の構造と機能および疾病の成り立ち③食べ物と健康④基礎栄養学⑤応用栄養学⑥栄養教育論⑦臨床栄養学⑧公衆栄養学⑨給食経営管理論となっています。試験地は北海道、宮城、東京、愛知、大阪、岡山、福岡、沖縄です。

展望

管理栄養士はさまざまな施設で求められているため、求人情報が充実しています。正社員や契約社員、あるいは派遣社員やアルバイトなど雇用形態も豊富で、子育てや介護などで忙しい人も家庭と仕事の両立ができる職種の一つです。管理栄養士のほとんどは、病院、保育園、福祉施設、特別養護老人ホーム、学校給食、行政機関、スポーツ関連、食品メーカなどで働いています。管理栄養士のなかには、食生活アドバイザーやフードコーディネーターの肩書きを持って活動する人もいます。また、実力と経験次第で、テレビや雑誌などのメディアで活躍したり、本の執筆をしたり、独立して開業したりフリーで働く可能性も広がってきます。様々な場面で非常に重要な役割を担う管理栄養士のニーズは、今後も高まっていくと思われます。