資格

気になる資格「ファイナンシャル・プランナー」

shikaku5

ファイナンシャル・プランナーの仕事とは?

ファイナンシャル・プランナーとは、金融資産運用、教育資金、老後資金、不動産運用、相続・事業継承、住宅資金といった幅広い分野に関するいろいろな相談に応じて、ライフプランを提案しコンサルティングを行う仕事です。米国では一般的な仕事であり、日本でも企業内での需要が高まり資格取得者が増えています。

資格の概要

ファイナンシャル・プランナーとは、2001年までは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定の民間資格であるAFP資格とCFP資格を指していました。しかし、2002年4月にファイナンシャル・プランニング技能士が国家資格として認められました。ファイナンシャル・プラン二ング技能士資格には1級から3級まであり、2級からの受験資格はファイナンシャル・プラン二ングの実務経験が必要等の一定の制約があります。2級FP技能士検定試験は、AFP資格審査も兼ねているので、日本ファイナンシャル・プランナーズが認定する講座を終了していれば、2級に合格するとAFPも自動的に合格となります。また、AFP認定者は、FP技能士1級の学科試験、実技試験に合格すれば1級FP技能士となることができます。

試験の形式

では、FP技能士の試験科目とは具体的にどのようなものなのでしょうか? 例えば1級FP技能士試験科目は、学科試験と実技試験からなっていて、学科試験が①ライフプラン二ングと資金管理、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスプラン二ング、⑤不動産、相続、⑥事業継承の6科目です。実技試験は、金融財政事情研究会が資産相談業務を課し、日本ファイナンシャル・プラン二ング協会が資産設計提案から出題します。学科試験も実技試験も合格基準は60%以上と言われています。一方でCFP資格審査試験は日本ファイナンシャル・プランナーズ協会によって実施され、CFPの受験資格は、同協会が認定するAFP資格を取得していることが必要です。CFP資格審査の取得には、CFP資格審査試験(金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプラン二ング・リタイアメントプラン二ング、リスクと保険、タックスプラン二ング、相続・事業継承設計)の6科目にすべて合格する必要があります。また、CFP認定者は学科免除により、実技試験に合格さえすれば、1級FP技能士の資格を取得できます。

ファイナンシャル・プランナーの特徴

ファイナンシャル・プランナーは略してFPと呼ばれ、金融資産、不動産、税金、年金、住宅資金、保険といったライフプラン全般に関する様々なアドバイスを担当するコンサルタントです。米国では、弁護士や公認会計士と同じように重要性の高い職業で、ファイナンシャル・プランナーは独立・開業してクライアントを得ていることが多々あります。ただし日本では企業内ファイナンシャル・プランナーの方が圧倒的に多く、とりわけ金融機関、証券会社、生命保険会社では、社員に積極的にてFP資格取得を奨励しています。独立・開業しているファイナンシャル・プランナーの場合、他の業務と併せて仕事をしていることが多く、企業研修の講師、雑誌の執筆等をしてクライアントを得ています。また、他の資格を併せ持っているケースも多く、公認会計士や税理士が自分の専門性を高めるためにFPを取得することもあります。つまりファイナンシャル・プランナーは企業での利用価値は高いのですが、独立・開業を目指すのであれば他の専門分野も持っている方が強い資格と言えるでしょう。

 

 

   

?