資格

水彩資格人気ランキング

あなたには絵をかく趣味がありますか?
絵の世界には様々な技法が存在します。
日本画やアクリルを使った絵など、様々な絵が存在しますが今回は水彩画について学ぶことが出来る資格を2つ紹介したいと思います。

水彩画について知らない人について簡単に紹介させて頂きますと、水彩画とは1度キャンパスに描くと変わることのないアクリル画とは違う、味のある絵になります。
書いた後にも色が滲み、味わい深い雰囲気を出す事から水彩画と呼ばれています。
ウィリアム・ターナーと呼ばれる画家が殆どの技術を生み出したと言われており、水彩画の基本技術は殆ど彼が作り出しています。

細部まで深く表現しつつも、どこか味わいのあるリアリティのある絵「水彩画」を詳しく学ぶためには芸術系の学校に進む必要があると思われがちですが、専門の資格で知識を学ぶことで初めての方でも水彩画を理解し、描けるようになります。

今回は水彩画について詳しく学ぶことが出来る資格を2つ用意いたしましたので、それらを参考にあなただけの水彩画を描いてみましょう。

ランキング1位 水彩アーティスト

ランキング1位に紹介させて頂くのは、日本デザインプランナー協会の「水彩アーティスト」になります。
こちらの資格では、水彩アーティストになるために必要な知識を学ぶことが出来ます。
水彩の基礎知識や技術、構図の考え方のサンプルなどを学ぶことが出来るので絵をかくことがあまり上手ではない人でも、水彩の基礎を理解し描けるようになります。

水彩は繊細ながらも大胆に自信を表現できる技法ですので、どんな人でも楽しみながら水彩画を楽しむことが出来ます。
水彩アーティストの講座は、通信制なので教育機関に通うことなく水彩画の知識を学ぶことが出来ます。
お仕事が忙しいサラリーマンの方や、家事や子育てに追われている主婦の方でも隙間時間を活用して学習し、資格取得を目指すことが出来ます。
勿論、学生の方にも取得をお勧めできる内容となっております。

水彩アーティストになるためには、日本デザインプランナー協会が実施している試験に合格する必要があります。
インターネットから申し込みを行うことが出来るので、用紙などを提出する必要はありません。
試験自体も在宅で受けることが出来るので、好きな時間に受験が出来ます。
試験で合格の基準に達する為にはやはり勉強は必要になりますが、カリキュラムに従って勉強を進めることで、無理なく合格に達することが出来るという口コミが多いです。

水彩アーティストの資格取得後には、カルチャースクールでのインストラクター活動を行ったり、水彩教室を開き自宅で生徒さんを集めたり出来ます。
また、水彩アーティストになるために学んだ知識を使い、自身の水彩画を描くことも出来るのでお仕事だけでなく趣味にも資格の経験を活かすことが出来ます。

あまり難しい資格ではないのですが、資格を取得することによって得られるものは非常に多いので、誰にでも取得をお勧めできる資格となっております。
少しでも水彩アーティストになりたいと思っている方、水彩画を学びたいと思っている方は、こちらの資格を取得してみましょう。

ランキング2位 水彩画インストラクター

ランキング2位に紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会の「水彩画インストラクター」になります。
水彩画インストラクターの講座では、水彩画に関する知識や技術を習得する為のカリキュラムに従い、学習を進めることが出来ます。

水彩画を描く際には、どのような流れがあるのか。
対象物をどのように見て、どのように表現すればよいのか。
どういった色使いで表現すると、景色や感情が伝わるのか。

水彩画に挑戦したことがない人にとって、水彩画は未知の世界です。
描いた後にも、世界観が変わる可能性のある水彩画を描く際には非常に繊細ながらも大胆な判断が必要になります。
水彩画インストラクターの講座では、基礎知識に加え応用知識も学ぶことが出来るので、将来的にはプロの水彩画家としても活動できるようになると思います。

正しい知識を学び、自分だけの表現法を手に入れることで水彩画の魅力を世間に知って頂く事も可能になります。
こちらの資格取得後には、水彩画インストラクターとして水彩画の魅力や基礎知識、技法などを人に教えることが出来るようになりますので、将来的に人に指導を行いたい人にも向いている資格だと言えます。

また、こちらの水彩画インストラクターも1位で紹介した水彩アーティストと同じように在宅での受験が可能です。
受験に必要な資格はなく、受験料10000円を用意すればだれでも在宅での受験が可能になります。
合格基準に達する為に勉強を行えば、問題なく合格できる人が殆どです。
資格取得後は、水彩画インストラクターとして活動するもよし、水彩画のプロの道も歩むもよし。
非常に有益な資格ですので、絵の経験者の方だけでなく絵を描いた経験の少ない初心者の方にも取得をお勧めしたいです。