資格

注目の資格「登録販売者」

shikaku5

「登録販売者」とは?

いつの時代も人材需要があるのが販売接客の仕事です。しかし、これは言葉や数字では測りにくいコミュニケーション能力や人柄が重要視される傾向が強いので、資格の有無があまり問題にならない業界でもあります。つまり、販売接客は資格よりも経験がモノを言う仕事であり、基本的にいかに顧客のことを考えて接客できるかということが問われてくるからです。しかし、一定の商品を販売する場合、専門家を店舗などに置くことが義務づけられています。例えば、医薬品などは販売登録者や薬剤師がいないと販売できません。2009年の改正薬事法施行から認定された、一般の医薬品のうち第2類医薬品までを販売できる資格です。それまでは医薬品を扱うには薬剤師が常駐していなければ販売できませんでしたが、「登録販売者」が常駐していれば、どこでも医薬品が販売できるようになりました。それによって新たに業務拡大を目指すスーパー、コンビニなどからのニーズが高まっている資格です。

「登録販売者」の仕事

これまで薬剤師がいなりと薬は売れませんでしたが、薬事法の改正で「登録販売者」の資格取得者であれば、第1類以外の一般用医薬品を販売できるようになりました。「登録販売者」は購入者の状況を考察し、様子を伺い、バックグラウンドを踏まえて必要な情報提供や相談をしていくことにより、購入者の適切な医薬品の選択を支援する仕事です。またその仕事は、医薬品の販売などについて、保健衛生上の問題が生じることを事前に防ぐことを目的としています。この資格があると薬を販売する家電量販店や大手スーパーなどへの就職・転職にも有利と言われています。一時期は需要がものすごく伸びましたが、最近はだいぶ落ち着いてきたようです。しかし、まだまだニーズが見込める資格です。

試験概要

「登録販売者」の資格には制限がなく、誰でも受験できる資格試験です。ただし、管理者・代行者になるには試験合格前・合格後、合算して実務経験2年以上が必要です。試験地と試験日は各都道府県により異なりますが、東京では9月に実施されます。受験料も都道府県により異なりますが、東京都の場合、13,600円です。試験内容は①薬事に関する放棄と制度②医薬品に共通する特性と基本的な知識③人体の働きと医薬品④主な医薬品とその作用⑤医薬品の適正使用と安全対策です。マークシート方式で120問、試験時間は240分です。現在のところ、合格率は45%とされ難しいですが、挑戦のしがいのある試験と考えられています。

展望

近年、どの企業、店舗からも重宝がられるのが、第2、第3類医薬品を扱う「登録販売者」です。最近はドラッグ・ストアだけでなく、スーパーやコンビニなどでも医薬品を売る時代になりました。しかし、医薬品を店舗販売するためには必ず「登録販売者」や薬剤師が常駐しなければならないからです。店舗によっては従業員が「登録販売者」の資格を持っていると手当を出すこともありますし、アルバイトやパートでも資格があることで時給がアップすることもあります。また、自営業や、これから自分で店を経営している人も、「登録販売者」の資格を持っていれば医薬品を扱うことができるなど仕事の幅を広げることができます。