資格

洋食資格人気ランキング

洋食

一般的な家庭でもポピュラーなメニューである洋食は、レパートリーも多く手軽に作れるものがたくさんあるので、いつもお世話になっている人も多いでしょう。そんな洋食の知識とスキルを証明できる資格を取得すれば、家庭の食卓をさらに明るくすることができますよ。料理や食材について本格的に学びはじめたいといった人は、洋食の専門資格もぜひチェックしておきましょう。
調理や食品開発を仕事としている人は、洋食の資格を取得することができればその知識をフルに活用することができますね。美味しい洋食を作りたい。栄養や実用性から洋食を知りたい。そんな目的ごとに適する資格は変わるので、下記のランキングから自分が1番必要な資格を探しておきましょう。洋食を極めたスキルは、あらゆる場面でプロフェッショナルとして振る舞うのに役立ちますよ。

1位 洋食エキスパート

洋食を作るために必要となる基礎知識と、実践的な技術の取得を目指すのなら、日本安全食料料理協会が認定する「洋食エキスパート」の資格はぜひ勉強しておきましょう。料理道具や調味料についての知識を得られるため、洋食に限らず調理のあらゆる場面に応用できるのが魅力ですね。もちろん洋食ならではの味や見た目を再現する技術がなによりも磨かれるので、飲食関連の仕事に就く際には「洋食エキスパート」の資格がこころづよい味方となってくれるでしょう。

1人暮らしや結婚などの機会に、本格的な料理に挑戦してみようと考える人は多いでしょう。「洋食エキスパート」はそういった本気の料理への第1歩としてふさわしく、初心者にもオススメできる資格となっています。「洋食エキスパート」の資格取得後もコツコツと技術を磨いていけば、将来自分のお店を開くことだって夢ではありませんよ。

2位 健康西洋料理インストラクター

洋食にはあらゆる食材が使用され、それぞれの特徴を活かした料理こそ本当に美味しいものとして人々の口に入ります。食材ごとの魅力を引き出し、洋食に応用できる調理技術を身につけるのなら、日本インストラクター協会の「健康西洋料理インストラクター」資格を目指すといいでしょう。食材の知識はそのまま料理のスキルとなり、長く家庭の食卓を支えてくれますよ。

ハンバーグやオムライスといった洋食の定番を作る際にも、ソースの下ごしらえができているか、火加減や食材の選び方は適切かどうかなどで、完成する味に差が出ます。安定して美味しい料理を作るには、「健康西洋料理インストラクター」を通して学んだ知識がとても役立つでしょう。また資格取得は、洋食のプロとしての講師活動も可能とします。料理教室で洋食の魅力を語るのなら、「健康西洋料理インストラクター」を取得して授業に説得力を持たせましょう。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

洋食には日本での食事とはちがったテーブルマナーが存在します。ホテルやちょっと高めのレストランで食事をするときなどは、マナーを知っているかどうかで周囲に与える印象が変わることでしょう。日本ホテル・レストランサービス技能協会が認定する「西洋料理テーブルマナー講師認定試験」への挑戦は、そんな洋食のマナーを知る絶好の機会になりますね。

洋食をマナーの面から学習すれば、料理をさらに美味しく、そして楽しく味わうことができるようになります。「西洋料理テーブルマナー講師認定試験」の資格取得にはセミナーを受講する必要があるので、ほとんど知識がない状態でも1からマナーを学ぶことができるのも魅力ですね。

4位 フードスタイリスト

日本フードライセンス国際協会が提供する「フードスタイリスト」の資格を取得できれば、洋食をふくめた各国の料理に精通した人材としてアピールすることが可能となります。試験には1級から3級までの段階が用意されているので、自分の知識に合わせて挑戦してみるといいでしょう。

「フードスタイリスト」には料理をいかに美味しく見せるか、盛り方や撮影技術でどう演出するかといった技術が問われます。食事を作るよりも、写真や動画で宣伝することに興味があるのなら、本資格がうってつけのものとなるでしょう。撮影スキルを活用できる業界は広いので、今後の就職や転職にも「フードスタイリスト」の資格は有利に働くかもしれません。
洋食資格取得 洋食資格取得