資格

漢方薬膳資格ランキング

漢方薬膳

最近の日本ではストレス性の疾患が増加傾向にあります。共働きの家庭が増えており、職場でも自宅でも心身が休まらないということが原因なのかもしれません。ご自身や周囲の方々の体調を心配されている方も多いのではないでしょうか。そうはいっても、具体的な疾患がない場合にはなかなか病院には行き難いという実情もあります。そんなときにおすすめなのが薬膳や漢方といったものです。これらのものはストレスなどに起因する疾患によく用いられますので、現代社会で非常に役立つ資格の1つということができるかもしれませんね。薬膳料理などを通して、日常的に漢方を摂取するように心がけることができれば、日頃感じるストレスや精神的疲労を軽減することができるかもしれません。自分自身がストレスに悩まされているという方はもちろん、ご家族や知人などがそういったものに悩まされているという方にもおすすめの資格です。

1位 薬膳調剤師

薬膳の基本的な知識、一定以上の理解、漢方的な観点から見た食材の効能などの知識を有する方に対し与えられる資格が薬膳調剤師です。薬膳という単語を耳にすると、自然由来というイメージが浮かぶかと思います。身体の健康を考慮して、気軽に栄養を摂取したいと考えている方も多いのではないでしょうか。そうは言ってもサプリメントなどの人工的なモノにはどこか不安を覚えてしまいます。薬膳調剤師の資格は、そのような方におすすめの資格です。この資格を取得する上で要求されている知識は、食療と薬膳だけでなく、食養生や食材そのものの性質や効能などの知識も要求されます。このような知識を身に付けることで、身体の内側から健康になれる薬膳の技術を手にすることができるでしょう。現在自分の健康状態を懸念されている方や、自分の周囲の人に、食によって健康を提供したいという方にはおすすめの資格です。

2位 漢方コーディネーター

漢方や漢方薬に対する基本的知識、漢方独自の診断方法や養生などへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格が漢方コーディネーターです。最近の日本では、より人体に優しいモノを摂取しようという動きが盛んになってきています。病院で東洋医学が取り込まれているような場面も時々見受けられます。以前まで両者は相反するものとされていたはずが、そうした風潮は今では薄れつつあります。その中で漢方の効用も認められてきています。漢方は東洋医学で多く用いられるものであり、漢方コーディネーターでもそういった知識が要求されています。たとえば、基礎知識として気・血・水や四季についての知識を身に付ける必要があります。このような知識があって初めて、適切な漢方の使用方法がわかるのです。また、その由来や歴史について学ぶ事で、漢方薬の効能や使用方法がより一層わかりやすくなることでしょう。

3位 薬膳マイスター

国際薬膳食育学会の講座を通して取得するのが薬膳マイスターの資格です。薬膳料理を家庭で作るのは難しいと考えている方は、講座を通して取得するのも良いかもしれません。美味しく、かつ身体に優しい薬膳料理のスキルが習得できます。

4位 薬膳漢方マイスター

内容は薬膳マイスターと良く似ています。こちらの方が受講料が若干高めです。

5位 薬膳アドバイザー

日本中医食養学会が扱う資格です。初球の薬膳知識を習得した方に授与される資格です。薬膳に関する勉強に取り組み始めた方がスキルをテストする目的で受けるのが良いのではないでしょうか。

6位 薬膳コーディネーター

中国薬膳研究会で扱われる資格の1つです。講座受講によって資格を取得する形式ですが、講座形式の薬膳マイスター、薬膳漢方マイスターの両者よりも受講料が高額です。
漢方・薬膳 漢方・薬膳