資格

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

ドッグトレーニング

ドッグトレーナーとは犬の訓練士とは異なり、家庭犬のしつけを行う事を目的とし、各団体より民間資格が付与されます。最近では多くの家庭でペットとして飼われている犬。犬と人間が楽しく幸せに共生するために、正しいしつけを行う事で、より快適で幸せな生活を送る事ができます。近年では犬は私達人間のパートナー、家族の一員として迎え入れている家庭も多いことから、少しでも快適に愛犬が過ごせるように、私達人間側も犬に対する知識をしっかり身に付けて行くことが犬にとっても大きな幸せへと繋がる事でしょう。今回は家庭犬のしつけを中心に“犬・ドッグトレーニング”の資格の中から人気の資格をランキング形式にて紹介していきたいと思います。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

JLESA日本生活環境支援教会が認定を行っている民間資格です。ペットとして飼われている家庭犬の基礎知識やトレーニングの知識を持っている人に付与されます。アイコンタクトやハンドサイン、お座り等の基本的なしつけを手順良く教える事ができるスキルを身に付けます。受験資格が特に制限が設けられておらず、誰でも受験する事ができ、受験費用10,000円と低価格で、インターネットから受験申し込みを行い、在宅にて受験が出来ることから、忙しい人でも取得しやすい整った環境が用意されています。資格取得後は自宅やカルチャーサロンなどでドッグトレーニングアドバイザーとして活躍する事ができます。

2位 犬のしつけインストラクター

JIA日本インストラクター協会が認定を行っている民間資格です。犬種や性格などによって異なる家庭犬のしつけや首輪やハーネスなどの基礎知識、性格別のしつけ方などを学び、これらの知識を有している者に資格が付与されます。受験資格は特に制限を設けておらず、幅広い年齢層の方が資格取得をしています。受験料は10,000円、インターネットから受験申し込みを行い、在宅受験方式なので、忙しい人でも取得しやすい資格です。合否は70%以上の評価で合格となります。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

ペットとして飼われている家庭犬のしつけを行う事ができます。資格取得までの勉強方法は認定校にて週に2日、6か月間学ぶ通学スタイルと、自宅学習を行う通信講座スタイルがあります。認定資格はA級、B級、C級の3種類あり、犬の性格に合ったしつけが出来るC級ではスクーリング+実技試験10分で行われます。B級ではスクーリングテキストの中からB級C級向けの出題がなされ、筆記試験30分+実技試験20分程度の総合判断で認定を付与されます。最後のA級では最も犬に合った対処法や教える方法を選択できる者に資格が与えられ、筆記試験45分+実技試験1時間半程度の総合判断によって合否判定がなされます。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA日本キャリア教育技能検定協会が実施している民間資格です。被毛をカットするほか、ペットの魅力をカットによって引き出すプロデューサー的な活動を行える者に与えられます。認定校の通信講座にて必要なスキルを学び、通信講座終了後に付与されるマスターライセンスを受けます。マスターライセンスより更にスキルアップする事ができるドッグトリマーインストラクターにはA級、B級、C級の3ランクが設けられており、スキルに応じた資格を取得する事によって独立開業を目指すことが出来ます。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

JDTA日本ドッグトレーナー協会が認定を行っている民間資格です。ドッグトレーナーの資格は全4ランクあります
・D級ライセンス
犬への基礎的知識とドッグトレーナーとしての心構え等、初歩的なスキルを身に付けた者に付与されます。
・C級ライセンス
犬へのしつけ方が身についている者に付与されます。取得にはD級ライセンスを取得後に3日間のスクーリングを受講する事が条件となります。
・B級ライセンス
犬の飼い主へ適正なアドバイスを行う事ができる者へ付与されます。取得には公認スクールにてカアリキュラムを受講し、終了テストに合格する事が条件となります。
・A級ライセンス
即戦力のプロドッグトレーナーとして活躍する事ができる者へ付与されます。B級同様、公認スクールにて必須カリキュラムを受講後、終了テストに合格する事が条件となります。
ドッグトレーニング ドッグトレーニング