資格

猫資格人気ランキング

ネコ

猫が大好きだ。飼っている猫についてもっと詳しくなりたい。そんな気持ちがあるのなら、猫の専門資格を取得して生活に本気で役立てる知識を身につけてみませんか。ペットとしての飼育方法や接し方を学べば、これから猫を飼いはじめる人たちに適切なアドバイスをすることもできるでしょう。
ペットショップや猫カフェなどで働く際には、猫の資格で得たスキルがアピールポイントとして活かせます。資格勉強で猫への理解を深めた後は、それを発揮できる場所を探してみてください。猫の資格にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が存在します。自分の環境ではどんな資格が活用できるのかをランキングから確認し、目標とするものを決めてみましょう。

1位 猫の育て方アドバイザー

猫は大切な生命です。命を預かることになるからには、生半可な知識や覚悟では通用しません。日本生活環境支援協会の「猫の育て方アドバイザー」の資格取得は、そんな飼育に必要な知識や覚悟を養うのにぴったりのものとなるでしょう。飼育前の人に限らず、すでに猫を飼っている人も「猫の育て方アドバイザー」を取得して猫との関係を見直してみてはいかがですか。

猫に関する知識を広く持たなければ「猫の育て方アドバイザー」の資格を取得することができません。その分取得後は、あらゆる環境で資格のメリットを活かすことができるでしょう。講師としての活動につながる資格でもあるので、猫の飼育に関するアドバイザーや教室を開きたい人にはうってつけとなりますね。

2位 猫の健康管理インストラクター

猫の適切な健康管理には、それぞれの種類に合わせた知識が必要となります。環境の整え方や毛並みの手入れ方法を熟知し、どんな猫に対してもその知識を活かせるようになったなら、日本インストラクター協会が認定する「猫の健康管理インストラクター」の資格が取得できるでしょう。

「猫の健康管理インストラクター」は、猫の飼育技術を必要な人に教える資格も持ちます。猫カフェやペットショップといった職場に勤める際には、資格の有効性が最大限に発揮されるでしょう。猫と関わる仕事に就く予定なら、「猫の健康管理インストラクター」の勉強は早めにはじめておくのが吉ですね。

3位 キャットケアスペシャリスト

日本ペット技能検定協会の「キャットケアスペシャリスト」も、猫の専門資格として知られています。猫の飼育だけでなく、美容学や繁殖学といった専門知識を持つことになるので、猫のプロとして活動するには必須の資格になるかもしれません。

指定の講座を受講後、筆記試験による合否で資格が取得できます。独学ではなく授業を通してしっかりと学びたいタイプの人には、きちんとしたカリキュラムが用意されている「キャットケアスペシャリスト」がオススメです。トリマーやペットシッターを目指す人も、本資格の取得には大きなメリットがあることでしょう。

4位 キャットシッター

ペットシッターやペットホテル、動物病院といった場所での活用が期待される「キャットシッター」も、注目すべき猫資格の1つです。猫の飼育だけでなく、こころを通わせる技術を磨くことにもなるので、本資格への挑戦には大きな意味を見出すことができますね。

日本ペット技能検定協会のカリキュラムにそって学べば、猫にまつわる知識を無駄なく取得できるでしょう。猫のこころのケアを重視したい人には、「キャットシッター」の資格が有効に働くかもしれません。自宅の猫はもちろん、仕事で関わる猫相手にも適切な対応ができるように、こちらの資格を取得して準備をしておきましょう。

5位 キャットフレンドリーパーソン

自分がいま持っている猫についての知識を試すのなら、ヒューマンアカデミーが実施する「キャットフレンドリーパーソン」の資格試験に挑戦してみてはいかがですか。資格取得は猫の基礎知識を持つ証となるので、そこからさらに専門性の高い資格につなげていくことができるでしょう。

猫の雑学や飼育に関するちょっとした知恵を持てれば、日々の世話を楽しく行うことができるでしょう。猫を飼育しはじめてまだ間もない人は、「キャットフレンドリーパーソン」の資格を取得して猫への理解を深めてみることをオススメします。
猫の育て方資格取得 猫の育て方資格取得