資格

発酵食品資格人気ランキング

発酵食品

わたしたちの生活を豊かにし、健康や美容への貢献が目ざましい発酵食品ですが、日々の食事や体質に合わせた正しい使用方法を考えなければ、その魅力を十分に体感することはむずかしいでしょう。そんな発酵食品に関する資格取得は、専門知識のもとで発酵食品のメリットを存分に味わい、さらなる健康と美容の促進につながりますよ。
日々の生活から少しずつ体調を整え、健康を目指す方法は、長い人生において重要なプロセスとなります。発酵食品を正しく利用することで、健康管理は容易になり、理想とする生活スタイルを長く維持することができるでしょう。下記ランキングからあなたがもっとも必要とする発酵食品資格を見つけて、発酵食品のスペシャリストとして活動してみてはいかがですか。

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食品がどのようにして人体にプラスとなり、料理に活かされるのかを知ることで、わたしたちの生活は健康と美容への近道を手にします。日本インストラクター協会が認定する「発酵食健康アドバイザー」の資格を取得して、発酵食品を最大限引き出せる環境を作ってはみませんか。本資格を学ぶことで、発酵食品を自然と生活に取り入れる準備を行うことができるでしょう。

菌や微生物の動きを学び、発酵食品の製造過程を知れば、料理への応用スキルを磨くことができます。家族に健康志向の食事を提供したい場合には、「発酵食健康アドバイザー」の資格がうってつけのものとなるでしょう。また資格の取得は講師としての活動にもつながるため、発酵食品に関連した仕事に就くことも可能ですよ。

2位 有機美容発酵食品マイスター

ヨーグルトやチーズ、味噌やお酢など、発酵食品はさまざまな形をとってわたしたちの生活に根づいています。そういった発酵食品への理解を深め、美容と健康へ上手に利用するスキルを高めることに興味があるのなら、日本安全食料料理協会が認定する「有機美容発酵食品マイスター」の資格取得を目指しましょう。家庭の食卓でもポピュラーな発酵食品をしっかりと学べば、いまの生活のまま健康と美容を高めることができますね。

飲食関係や食品開発などの専門職に就いている人も、「有機美容発酵食品マイスター」を学んだかどうかで発酵食品に対する認識が変わるでしょう。キャリアアップにつながる実用性を資格に求めるなら、「有機美容発酵食品マイスター」という選択肢は十分魅力的なものになりますよ。

3位 健康食コーディネーター

発酵食品をふくめた健康食に対する注目は、高齢化や医療技術の向上とともに高まりつつあります。そんな食事からの健康を学び、専門的な知識を得た人材を、職業技能振興会は「健康食コーディネーター」として認定しています。

健康食品の取り扱い方や商品開発の方法などを試されるので、仕事でそういったスキルを要求される人は「健康食コーディネーター」の試験にチャレンジしてみるといいでしょう。資格取得は発酵食品などのメリットを正確につたえられる人材として認定されるため、自己のアピールポイントとして利用ができます。

4位 発酵マイスター

日本発酵文化協会の「発酵マイスター」資格も、発酵食品を深く知るためには重要な資格の1つとなります。日本の歴史がつむいできた発酵食品を、後世にも残したいという気持ちがある人は、ぜひ「発酵マイスター」としての活躍を目指してみましょう。

資格取得には実習や発酵食品の体験などもふくまれるため、より発酵食品を身近に感じながら学ぶことができます。まだ発酵食品にそれほど詳しくない人でも気軽に受講ができるので、「発酵マイスター」を発酵食品と関わる最初のきっかけにするのもいいでしょう。

5位 発酵食スペシャリスト

国内にこだわらず、海外の発酵食品について学ぶ意欲があるのなら、一般社団法人ホールフードが認定する「発酵食スペシャリスト」の資格取得はいかがでしょうか。発酵食品の知識だけでなく、食卓のレパートリーを増やすこともできるので、主婦の方などには実用的な資格となりますね。

資格取得の講座には教材やDVDが付属するので、じっくりと発酵食品について学びたい人には「発酵食スペシャリスト」がぴったりです。国内と海外の発酵食品がそれぞれどんな特徴を持つのか把握して、健康と美容への新しいアプローチをはじめてみましょう。
発酵食品資格取得 発酵食品資格取得