資格

盆栽クリエイター口コミ評判

盆栽資格

盆栽というと、お爺ちゃんの趣味というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実際は結構若い人にも人気の趣味なんですよ。あと最近では海外の人にも盆栽の魅力を伝えようとしている人もたくさんいますので、日本文化として海外にも発信されています。

また現代は、地球温暖化などの環境汚染が叫ばれていて環境を汚染しないようにとか、環境破壊に繋がることをやめようとしていますが、植物を作り出す方に力を入れている人はあまりいないのではないでしょうか?盆栽はまさに植物を作り出す、育てるものなので環境問題にも一役買える趣味なのです。

盆栽はどうやって始めたらいいの?

盆栽を始めるにあたっては、やはり気軽に買えるものではないので、まずは必要な知識を身に付けるところから始めるといいでしょう。知識であれば通信教育とか、専門誌とかで勉強可能です。それで多少知識を付けた上で自分にあった1鉢を買ってみると良いでしょう。あとは、それをコツコツ育てて、適切に手入れをして、育てながら愛着も湧いてくると思います。

盆栽は知れば知るほど奥が深く、全く飽きないので長く続けられると言います。日本独特の四季を感じたり、成長に合わせて鉢を替えたり、肥料を工夫したり、剪定したりと季節や時期に応じてやることがたくさんあり、それらをどうやるかによってもまたその後の盆栽が変わってきます。目が離せない分愛らしくなってきそうですね。

盆栽クリエイターになるには?

盆栽クリエイターは、日本デザインプランナー協会が主催している認定資格の一つです。盆栽に関する基礎的な知識を有していることを認定する資格です。取得後は、就活の履歴書に書けるほか、カルチャースクールや自宅で講師として活動することもできるようになります。

盆栽クリエイターになるには、資格に受かること!!すでにそれだけの知識を持っているという人は、日本デザインプランナー協会のサイトから申し込みをして受験するという方法が一番近道です。これならどこか試験会場に行ったり、時間を拘束されることもありません。この試験は全て在宅で可能なのです。申し込みをすると自宅に問題用紙と解答用紙が届きます。それを5日間で解答し、返送すればOK!あとは結果を待つだけです。資格を取ったあとは、様々な活動において自信を持つことができ、行動範囲も大きく広がることでしょう。

まだあまり知識に自信がない人は、通信教育などで基礎知識を身に付けてからのほうが無難でしょう。通信教育の中には、卒業と同時に資格取得できる(通信教育の学校と協会が提携している)ものもあり、勉強と受験を纏めて出来るようになっているものもあります。勉強する際はその辺も考えて学校を選ぶと良いでしょう。

盆栽クリエイター口コミ評判

「盆栽はお爺ちゃんの影響で始めたが、何となくやっているだけで社会に役立つ気がしませんでしたが、資格を取ることで自信が持て、履歴書に書けるので会社で話題に上げることができ、ビジネスでも役に立ってます。」とか「今まで趣味と言えるようなものが何もなかったのですが、盆栽を初めて楽しくなり今ではすっかりハマっています。」など盆栽の魅力にハマった人や社会で役に立っている人など様々です。あなたも是非盆栽に触れ、自然に触れて自信を付けてみませんか?
盆栽資格 盆栽資格