資格

盆栽資格人気ランキング

盆栽資格

近年、地球温暖化の進展と気候の変動が激しくなってきています。それに伴い都市の緑地の減少が目立つようになってきました。心を癒してくれるという役割を持つ点でも、緑地というのは我々にとって非常に重要なものであるため、こうした減少は非常に悲しく、残念なものです。現代の日本において過労やストレスに悩まされている方が増加傾向にある原因の一部は緑地の減少にあるのかもしれません。そこで、自宅で植物を栽培できたら良いとは思いませんか?家庭で栽培できる植物と聞くと、観葉植物を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ここでおすすめする植物は盆栽です。盆栽の特徴は、手をかければかけるほど独特の形に成長する点にあります。他の観葉植物よりも一層「育てている」感を楽しむことができるのではないでしょうか。以下では、盆栽に関する資格から3つをピックアップし、ランキング形式で紹介します。

1位 盆栽クリエイター

日本デザインプランナー協会が扱う資格である盆栽クリエイターでは、盆栽の基礎的な知識を有していることが認定されます。ここでの基礎的な知識とは、盆栽の歴史や盆栽に用いる樹種、海外での盆栽のあり方、実際に用いる鉢や肥料、剪定、その他用語に関する知識を指します。盆栽インストラクターの資格を取得するだけで、盆栽の基礎から、実際に栽培する際の実践的な技術まで身につけることが可能です。資格の取得後には、盆栽クリエイターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるようになります。試験は在宅受験が可能ですので、お仕事や家事で忙しい方でも気軽に受験することができるのではないでしょうか。

2位 苔玉作りインストラクター

この資格は日本インストラクター協会で取り扱われている資格です。苔玉作りインストラクターとして、苔玉の作り方や苔玉を実際に作る場合に用いる道具の種類と使用方法などの知識を有していることが要求されます。苔玉は季節によって扱い方が異なります。そのため季節ごとに最適な樹種や置き場所、使用する肥料についても把握しなくてはなりません。さらには季節ごとどころか月ごとに手入れの仕方は異なりますので、非常に細かな知識が要求されます。こちらの資格も在宅受験が可能です。

3位 盆栽士

この資格は日本園芸協会で取り扱われている資格です。盆栽士の資格を取得するためには、盆栽技能講座という講座を受講する必要があります。資格取得後は、盆栽を美しく保つという技術に加え、盆栽市場のトレンド、苗木や半仕立て品などの販売のための戦略も身につけることが可能です。植木職人を目指す方にもおすすめの資格とされています。ですが、当然のことながら講座には費用がかかります。特に安いというわけではないので、資金に余裕がある方にはおすすめかもしれません。上記の通り、講座では盆栽を栽培する知識や技術に加え、盆栽に関するマーケティング的知識も学びます。純粋な趣味として盆栽を栽培したいという方には上記2つの資格がおすすめです。基礎的な栽培スキルは既に身に付いており、今後のビジネスの一環として盆栽を学びたいという方は、講座を受講してみても良いかもしれません。
盆栽資格 盆栽資格