資格

福祉資格人気ランキング

福祉資格

何かと心身の悩みを抱える方が増えている今日、日常生活を通して蓄積された疲れに悩まされている方々も多くいらっしゃることでしょう。共働きの夫婦が増えていく中、職場でも、自宅に帰っても心身が休まらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本メディカル心理セラピー協会が取り扱う認定試では、上記のような心身の疲れに悩まされる方々を癒すのに役立つ資格が多く取り扱われています。こうした資格を取得していれば、心身を癒すことに役立つだけでなく、介護施設や医療施設への就職や、セミナーの開講などにも役立てることができます。自分だけでなく、周囲の方々を癒せるスキルを身に付けることができます。

1位 福祉心理カウンセラー

福祉に関する知識や心理学の基礎知識、または様々なストレスから生じる症状を理解しており、カウンセラーとして活動する資格です。認定試験を通して、こうした知識や技術を身に付けているかどうかをテストします、資格取得後はプロのカウンセラーとしての活動が許可されます。高齢化が進展する現在の日本において、介護の重要性は高まりつつあります。また、過労死の増加も問題となっています。日々の生活の中で強いストレスを感じることが多くなりつつある現代では、福祉心理カウンセラーのような、他者に適確なストレスケアを施すことができるスキルを持った資格の重要性は高まっていくのではないでしょうか。

2位 福祉心理アドバイザー

福祉心理アドバイザーとは、福祉についての基本的な知識や様々な心理に関する知識や教育能力が一定水準以上であるとみなされた方に与えられる資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能です。急速な高齢化が進む現在の日本において。介護の必要性も高まっています。介護生活の中では、介護を施す側も受ける側も強いストレスを感じることが多くあります。そのストレスによって精神疾患を患うことも少なくありません。福祉心理アドバイザーのような、介護を施す方にも受ける方にも適確なストレスケアを施すことができるスキルを持った資格の重要性は高まっていくのではないでしょうか。

3位 介護福祉士

介護福祉士は厚生労働大臣の認可の元で取得が可能となる資格です。そのため、社会的認知度は非常に高いですが、手軽に取得できる資格ではありません。その条件は、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する、または3年以上介護等の業務に従事したもの等が介護福祉国家試験に合格するのいずれかとなります。

4位 福祉住環境コーディネーター

この資格は高齢者や障がい者に対しできるだけ自立し、生き生きと生活できる住環境を提案するアドバイザーとして活躍することを目的としたものです。自分自身のためというよりも、周囲のクライアントにプラン提示をするための資格と言えるかもしれません。

5位 社会福祉士

社会福祉士も介護福祉士と並ぶ福祉系国家資格です。資格取得のためには国家試験に合格する必要があります。

6位 保育士

保育士もまた国家資格の1つです。国家試験は気軽に受けられるものではありませんので、日常生活で役立てる資格を考えている場合には、民間の資格を検討することをおすすめします。
福祉心理カウンセラー 福祉心理カウンセラー