資格

紅茶マイスター認定試験認定試験口コミ評判

紅茶

近頃は、自分の趣味や得意とするものを究めて、専門資格に挑戦し、ライセンスを取得する人が増えています。そして、それらのライセンスをビジネスチャンスに結びつけ、成功している例も珍しくありません。例えば、紅茶好きが昂じて紅茶専門店をはじめたり、あるいは紅茶専門ティールームを開店し、成功したケースが挙げられるでしょうか。

そんな紅茶を扱ったビジネスをしたいと考える人のために、「紅茶マイスター認定試験」という資格試験があることをご存知でしょうか?

紅茶に関する専門知識と合わせて、紅茶ビジネスを運営できるビジネススキルを持っていると認定される「紅茶マイスター認定試験認定試験」が、「日本安全食料料理協会」にて実施されています。

この記事ではこの「紅茶マイスター認定試験認定試験」についてご紹介します。

 

特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「紅茶マイスター認定試験認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしも飲食店や紅茶専門店での勤務経験がなくても、自由に受験することができます。「紅茶マイスター認定試験」は、あくまでも紅茶についての知識と、ビジネスに活かせる経営スキルを有していることを認定するための試験です。

 

「紅茶マイスター認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル

 

紅茶マイスター認定試験の、試験主催者側の要求レベル説明については下記のとおりです。

 

マーケティングの基礎知識 開業、運営の基礎知識 商品とサービス

マーケティング戦略 ティールームの企画と計画 ティールームの内装・設備

 

■受験料について

 

紅茶マイスター認定試験認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年10月現在

 

■受験申込について

 

紅茶マイスター認定試験認定試験は2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

 

■受験場所について

 

在宅受験になっています。

そして、試験期間や答案提出期限の範囲内で、受験日を自由に選ぶことができるのはうれしいですね。

 

■合格基準について

 

紅茶マイスター認定試験認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

紅茶マイスター認定試験認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「紅茶マイスター認定試験認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「毎日口にする飲み物のビジネスに以前から注目していました。ビジネスで扱うならば、目新しい商品よりも誰もが知る定番の飲み物、中でも「紅茶」が一番です。実務に関する知識付けはもちろん、紅茶に関してのスキルが高いと信頼を得るために、この紅茶マイスター認定試験に挑戦しました。やはりライセンスはあるのとないのとでは大違い、仕入れ先との商談もスムーズに進みます。もうすぐ紅茶専門店としてオンラインショップを開く予定です。」

 

「紅茶に関するスキルを試したくてこの紅茶マイスター認定試験にチャレンジしました。合格できたことで、紅茶に詳しい人に慣れたような気がしてうれしいです。職場でも紅茶に興味を持つ人が増えてきており、同じように紅茶マイスター認定試験を受験したいという声も上がっています」

 

「紅茶マイスター認定試験の勉強が楽しくて仕方なかったほどの紅茶好きです。さらにいろいろなお茶の試験も受けてみたいです。」

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

このように紅茶マイスター認定試験は、紅茶を使ったビジネスをはじめたいという方ぜひおすすめしたい資格試験です。

紅茶の専門資格を持っているということは大きな自信となり、顧客やビジネスパートナーからの信頼を得ることにもつながるはずです。

紅茶のプロフェッショナルとして活躍したいとお考えなら、ぜひこの「紅茶マイスター認定試験認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
紅茶資格 紅茶資格