資格

紅茶資格ランキング1~6位

紅茶

紅茶について本格的に知りたい、紅茶が好きなので、将来それに関係した仕事をしたい、と考えている人は、紅茶資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。それぞれの紅茶資格を、おすすめ順にランキングにしてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:紅茶アドバイザー

紅茶を本格的に始めたいと思った場合に、まず取得するとよい資格です。「日本安全食料料理協会」が主催する「紅茶アドバイザー認定試験」を受けて合格した場合に与えられる称号です。

試験では、紅茶の茶葉の分類・紅茶の等級・紅茶の淹れ方・紅茶のさまざまな効能や、紅茶の生産地と種類・さまざまな製法などの知識が問われます。

難易度は比較的易しく、試験の出題内容は範囲が広いものの、どれも基本的な知識ばかりです。資格取得のための勉強をしながら、紅茶についてのあらゆる基本的な知識や技術が学べるので、初心者の方にもおすすめの資格といえるでしょう。

資格取得後は、講師として、自宅やカルチャースクールで活動することができます。

2位:紅茶マイスター

紅茶アドバイザーの資格を取得したら、次に挑戦したいのが、紅茶アドバイザーの上級者版とも言える紅茶マイスターの資格です。紅茶アドバイザーで得た知識を、さらに深めたい、紅茶に関わる仕事がしたい、と考えている場合におすすめの資格です。
こちらの資格は、より本格的な知識が求められます。紅茶オーナーの知識と、その知識を実務でも活かせる技能があることを認定するものです。
紅茶マイスターの認定試験では、マーケティングや開業、運営の基礎知識、ティールームについての企画やティールームの内装・設備などが問われます。
紅茶の知識を学ぶというよりは、将来紅茶で仕事をしたい人のための経営スキルなどが中心となるため、難易度は上級者向けです。
資格取得後は、講師として活動することができます。また、経営者に必須の、開業の知識やマーケティングスキルを身に付けることができるので、自分でカフェを経営する場合にも役立つでしょう。

3位:紅茶コーディネーター

紅茶コーディネーターは、紅茶に関する知識だけでなく、バリエーションティーの作り方、紅茶に合わせるお菓子などのティーフードについても学べる資格です。

資格取得のためには、「日本創芸学院」が行う紅茶コーディネーターの通信養成講座を受講し、6回のレポート課題を提出して合格する必要があります。

試験の内容は、「基礎編」「実践編」「応用編」にわかれています。「実践編」では、イングリッシュ・ミルクティーやフルーツティーなど、バリエーションティーを作る技能が問われます。また、「応用編」では、ティーパーティーの開き方や、紅茶専門店経営について学ぶことができます。

通信講座のため、自宅で学習が行え、試験会場に足を運ぶ必要がないことも特徴です。

資格取得後は、教室を開いたり、専門店を経営したりするなど、プロとしての活動ができます。

4位:ティーインストラクター

一般の人向けに、紅茶についての正しい知識と、正しい淹れ方の技術を講習するための知識・技術を開発する目的で生まれた資格であり、認定機関は「日本紅茶協会」です。ティーインストラクターには、ジュニア・シニア・マスターという階級があります。教室に通い、決められた33単位を修得、その後試験に合格した場合に、ティーインストラクター(ジュニア)の称号が与えられます。その後、実務経験やその他の定められた基準や試験をクリアして、シニア・マスターと階級が与えられていきます。

ジュニアの資格取得にかかる費用は、総額で30万円と、かなり高額です。また、通信ではなく、教室に通う必要があり、合宿などもあるので、遠方の場合は注意が必要です。他の紅茶資格に比べ、資格取得の期間も費用もかかるので、気軽に始められるものではなく、かなり本気で勉強したい人向けと言えます。

5位:ティーコーディネーター

リプトン・ブルックボンドハウスが認定する資格であり、会員制の資格になっていることが特徴です。会員入会後(入会金無料・年会費は2,520円)講義を受講して単位を取得することで、資格を得ることができます。

英国紅茶の歴史や文化、基本的な紅茶の淹れ方、ティーパーティーの開き方やテーブルのセッティングの知識などを学ぶことが目的です。

6位:ティースペシャリスト

一般財団法人である「日本能力開発推進協会」が主催する資格です。紅茶の茶葉の種類、その産地についての専門知識を持ち、おいしい淹れ方やバリエーションの技能を有していることを証明する資格で、カフェを開きたい人や紅茶関係の仕事をしたい人におすすめです。

資格取得のためには、認定教育機関で規定のカリキュラムを終了してから、試験を受けることになります。試験日程は決まっておらず、カリキュラム終了後、随時、自宅で受験することができます。
紅茶資格 紅茶資格