資格

緑茶インストラクター認定試験口コミ評判

日本茶通信

古くから日本人に最も親しまれてきた飲み物といえば緑茶ですよね。日本人にとって緑茶を飲むという習慣は深く根付いており、どこの家庭でも手軽に飲むことができますし、近年は、緑茶を冷やして飲料として販売されるようにもなりました。また、昨今は健康に良いということで海外でも注目がされ始め、海外でも販売されるようになってきました。今後も常に一定の需要のある緑茶には、緑茶の種類、美味しい淹れ方や飲み方、茶器などの知識を身に付けているスペシャリストとして緑茶インストラクターという資格があります。
今回は、緑茶に関する知識を証明する資格、緑茶インストラクター認定試験をご紹介します。緑茶に関する深い知識だけでなく、美味しいお茶の淹れ方や飲み方、茶葉の保管方法などに加え、日本茶を使った料理レシピなどを身に付けて、緑茶のスペシャリストを目指してみませんか。

緑茶インストラクター認定試験とは?

緑茶インストラクター認定試験とは、日本インストラクター協会が認定している資格となっております。茶葉別の美味しい淹れ方、茶の木の知識、茶葉の保管方法や精製方法などに知識、茶器や茶道具、お茶を飲む際の作法などに関する知識を有している方、また、それらをインストラクターとして講義できる技能を有した方を認定している資格です。

日本インストラクター協会とは?

日本インストラクター協会は、各スキルを有する技術者として必要な知識・技能を身に付けており、それら知識・技能を人に教えることができる技能を有している方を認定しています。また、各スキルを必要とする企業が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

緑茶インストラクター認定試験の概要

緑茶インストラクター認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。

緑茶インストラクター認定試験に合格したら?

緑茶インストラクター認定試験に合格することで、緑茶・日本茶に関する基本的な知識に加え、お茶の飲み方・淹れ方、茶葉の選定、最適な茶器・茶道具の選定などに関する知識、日本茶を使用した料理レシピなどを身に付けた証明となります。資格取得後は、お茶の販売店や飲料メーカーなどを始め、日本料理店などへのお仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、緑茶に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールなどで講義活動をされている方もみえます。

緑茶インストラクター認定試験の評判

緑茶インストラクター認定試験は口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、お茶に関する知識が身についた、お茶の美味しい淹れ方や茶葉に応じた保管方法などの知識が身に付いた、料理にお茶を使用することで味わい深い料理を作れるようになった、などの感想が寄せられています。また、お茶の販売店に勤務されている方からは、お客様の希望に沿った茶葉を紹介できるようになったという感想も届いています。
資格取得後、すぐに活用することができる資格の一つと言えます。

まとめ

日本各地で作られている茶の木には、ひとつひとつに特徴があり、茶葉を理解することで、茶葉に応じた保管方法、美味しい淹れ方などを習得することができます。またお茶を飲む際の茶器の選定、お茶を淹れる際に使用する茶道具などへの知識を習得することで、いつも飲んでいる緑茶も一風変わった味わいを感じることができるでしょう。お茶が好きな方、お茶に関する仕事をされている方は、資格取得をされてみてはいかがでしょうか。
日本茶・お茶 日本茶・お茶