資格

編み物資格人気ランキング

あなたは編み物好きですか?
セーターを編んだり、手袋を編んだり、デザインニットを編んでみたり、編み物は非常に楽しい趣味ですよね。
昔から世界で行われている編み物に関する知識は、様々な資格によって学ぶことが出来ます。
今回は、皆さんに編み物に関する資格を知って頂くために、様々な編み物資格の中から人気の物だけを紹介したいと思います。
人気順のランキングを用意されていただきましたので、編み物に関する資格取得を目指している方は、こちらを参考に資格を選んでみましょう!

ランキング1位 編み物マイスター

ランキング1位に紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会の「編み物マイスター」になります。

こちらの資格では、以下の知識を学ぶことが出来ます。
【編み物の歴史】
編み物がどのようにして発展してきたのか、どのような方法があったのか
【編み物の道具】
今まで編み物に使われてきた道具に関する知識
【方式】
編み物の方式(リリアン式等)
【作品】
マフラー、セーター、手袋などどんなものが編み物によってつくられているのか

これらの知識を学び、実践に活かせるような経験を積むことで編み物マイスターとして活動できるようになります。
編み物マイスターの資格を取得するためには、受験料10000円を払い在宅での試験を受ける必要があります。
設定された評価を獲得することで、資格が授与されます。
試験の申し込みもインターネットで行うことが出来るので、自分でスケジュールを管理して資格取得に挑むことが出来ます。

ランキング2位 手編みニットインストラクター

ランキング2位に紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会の「手編みニットインストラクター」になります。

こちらの資格では、機械を使わない手編みに関する知識を学ぶことが出来ます。
様々な技法、様々な作品を作ることが出来る編み物に関する基礎知識から応用知識を学ぶことが出来るので、将来的に自由自在に自分の作品を作れるようになります。
資格取得後には、カルチャースクールで講師活動を行ったり、編み物教室を開業したりと、資格の使い方選択肢が多いので、非常に将来性のある資格だと言えます。

こちらの資格も、1位で紹介させて頂いた編み物マイスターと同じように、受験料10000円を支払い在宅での受験に合格することで資格を取得できます。
インターネットで申し込みを行うことが出来るので、都合の良い日程を探しやすい特徴があります。

自分のペースでのんびりと学習したい、お仕事の合間に仕事をしたいといった社会人の方でも自分のペースで編み物の知識を学ぶことが出来ます。
学生さんから社会人の方、忙しい主婦の方にまで、幅広くお勧めできる資格です。

ランキング3位 かぎ針編み講師

ランキング3位に紹介させて頂くのは、日本ヴォーグ社の「かぎ針編み講師」になります。
こちらの資格では、かぎ針編み講師として活動する為に必要な知識を学ぶことが出来ます。
デザインニットの編み方や、帽子やマフラーなどに編み物を活かす方法など様々な知識を学ぶことが出来る、非常に有用性のある資格です。

かぎ針を使った編み物は、編み物の最も基本となる技術ですのでこちらの資格で学ぶことが出来るカギ編み技術を極めることで、様々な編み物の上達に繋がります。
資格取得後には、かぎ針編み講師として活動することが出来るほか、様々な人のかぎ編みにアドバイスできるようになります。
自由度が高い技術を学びたい方、かぎ編みに限定して編み物の知識を学びたい方はこちらの資格を取得してみましょう。

編み物の技術や知識をまんべんなく学びたいという人は、1位の編み物マイスターの資格取得がオススメになります。

ランキング4位 毛糸編物技能検定試験

ランキング4位に紹介させて頂くのは、公益財団法人日本編物検定協会の「毛糸編物技能検定試験」になります。
こちらの資格では、1級から5級に分かれた技術検定に挑むことが出来ます。
2級に合格することで、専門的な技術を持っていると認定され指導者の補佐として活動が出来るようになります。
ただ、難易度が高い検定でもありますので、初めての方にはあまりお勧めできない検定かもしれません。
わかりやすく、短期で資格取得を目指したい方は1位の編み物マイスターや2位の手編みニットインストラクターの資格取得を目指してみましょう。

ランキング5位 棒針編み講師認定

ランキング5位に紹介させて頂くのは、日本ヴォーグ社の「棒針編み講師認定」になります。
こちらの資格では、古くから家庭で行われてきた粗い網目が特徴の、棒針編みについての知識と技術を学ぶことが出来ます。
アメリカ式、フランス式など様々な技法を学ぶことが出来るので、資格取得には自由自在に作品を作ることが出来るほか、カルチャースクールでの講師活動も可能になります。
1つの技術にしぼらず、全体の知識と技術を学びたい方は1位の編み物マイスターの資格取得を目指した方が、満足度が高いかもしれません。