資格

趣味・習い事資格ランキング 1~5位

shikaku5

特に収入を目指すわけではなく、趣味として楽しめる資格を取得したい、という人も多いのではないでしょうか。資格取得の過程も楽しむことができ、取得後も、趣味として楽しみ、自分を磨くことができる資格を見つけて、余暇時間を充実させましょう。

1位:鉛筆デッサンマスター

身近なものや人物を、鉛筆一本でさっと描けたら素敵ですね。鉛筆一本なら、どこでも絵が描けて、まさに趣味としてうってつけではないでしょうか。

鉛筆デッサンマスターは、鉛筆による陰影で、対象物を立体的に描くことができるスキルを証明する資格です。資格を取得することで、鉛筆デッサンに関する知識はもちろん、陰影の出し方など、デッサンのスキルを習得することができ、資格取得後も趣味として描くことを楽しむことができるでしょう。

鉛筆デッサンのスキルをしっかりと習得するためには、専門の通信講座などを利用すると効率が良いでしょう。

2位:園芸インストラクター

自宅の庭いじりが好き、自宅でちょっとした野菜を育てている、という人は多いようです。園芸をもっと学んでみたい、自宅の庭を自分のイメージ通りに花や草で飾ってみたい、という場合は、園芸インストラクターの資格を取得するのがおすすめです。

園芸インストラクターは、あらゆる場面で通用するガーデンデザインの知識やスキルを有していることを認定する資格です。
受験資格もなく、在宅で受験できるので、比較的取得しやすいようです。
趣味として園芸をしていて、もっとスキルを身に付けたいという人、あるいは、これから園芸を始めたいという初心者にも向いているでしょう。

3位:キャンドルマイスターデザイン

キャンドルの炎はとても幻想的で、見ているだけで心が癒されますね。最近はそんなキャンドルの魅力にはまって、自分でキャンドルづくりをする人も増えているようです。

キャンドルにはさまざまな種類があり、形や色、香りも豊富です。キャンドルマイスターデザインの資格を取得することで、キャンドルに関するさまざまな知識や、キャンドル作成の技術を習得することができ、キャンドル作りを趣味として楽しむことができるようになります。

さまざまなオリジナルのキャンドルを作って、自宅で楽しんだり、誰かにプレゼントしたり、作品を出展したりと、ライフスタイルを充実させることができる資格としておすすめです。

4位:絵画インストラクター

旅行先などで気に入った風景を描いたり、はがきに自分の絵を描いて誰かに送ったりできたら素敵ですね。

絵画インストラクターの資格を取得すると、デッサンやスケッチに関する様々なスキルや技法、絵画道具の使用法などを習得することができます。
自己流ではなかなかうまく絵を描くことができない場合でも、絵画インストラクターの資格で、専門的なスキルを身に付けることができ、絵画を趣味として楽しめるようになるでしょう。

絵画インストラクターの認定試験は在宅でできます。効率よく合格を目指すには、専門の通信講座などを利用することをおすすめします。

5位:ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズを使ったアクセサリーは、既製品のものとはまた違った趣があり、手作り感に溢れていて魅力があります。
そんなビーズアクセサリーも、趣味や習い事として楽しめ、人気が高まっているようです。

ビーズアクセサリーデザイナーの資格を取得すると、天然石についての知識が得られ、ビーズアクセサリー作成のためのスキルを身に付けることができます。これからビーズアクセサリーを楽しみたい人におすすめです。

さまざまな色や形のビーズで、オリジナルデザインのアクセサリーを作って、自分で身に付けたり、プレゼントにしたりと、余暇時間を充実させることができ、人気の資格です。

旅行先で絵画、はがきに