資格

通関のエキスパート「通関士」

shikaku5

「通関士」の資格

貨物輸出入の際、税関に申告する通関書類の作成、税関検査の対応、また税関が行う調査、処分などに対し異議申し立て、陳述など、通関業務を代行するのが通関士の役割です。通関士は、税関と輸出入業者との間に立って輸出入者の利益を守る貿易ビジネスの専門家です。そのため様々な分野で重要視されており、この資格を持っていると就職・転職に有利です。近年、通関士は国際的に発展する貿易の中核を担う役として多くの企業から重要視され、ニーズが高まっている仕事の一つといえるでしょう。日本では通関士は、財務省管轄の国家資格であり、試験は各地区の税関通関業監査官により実施され、この資格にパスすると税関から通関士の確認を受けて勤務することができます。

通関士の活躍の場

ビジネスのグローバル化が進む今日、国際貿易にかかわる企業や人にとって、通関士の国際物流業務における専門的知識は必須のものといえます。とりわけ、通関士資格を取得したら、通関業者、国際物流業者、貿易商社、倉庫業者、運送業社、IT関連業、海運業者などのほか、貿易部門があるメーカーや、輸入品を扱う百貨店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなど、活躍の場は広がります。通関を業務の一部にしている会社や貿易関係の企業だけでなく、一般企業も輸出入の増加とともに通関士のニーズが高まっています。また、通関士の資格はキャリアアッップにつながるなどのメリットもあります。より仕事の幅を広げたり専門性を深めたりするために、貿易実務検定、日商ビジネス英語検定などを取得する人もいます。

試験概要

通関士は年齢や学歴による受験制限はなく、誰でも受験できる資格試験です。ただし、実務経験やバックグランドにより、試験科目が一部免除になる場合はあります。例年試験日は10月上旬で、受験料は3,000円です。試験内容は各試験科目とも筆記でマークシート方式です。形式は、択一式、選択式、計算式からなります。科目は①通関業法、②関税法、関税定率法、その他関税に関する法律(関税暫定措置法、電子情報処理組織による税関手続きの特例等に関する法律など)、外国為替および外国貿易法(同法6章に係る部分に限る)③通関書類に作成要領、その他通関手続きの実務からなっています。関税定率法第4条の課税価格の決定に関する知識は多くの問題にかかわってくると言われています。通関士の試験は難関で、合格率は例年15%以下といわれています。尚、試験の合格者が通関士として通関業務に従事しようとする場合には、勤務先通関業者の申請に基づく税関長の確認が必要となります。

将来性

通関士は税理士や公認会計士のように独立開業する仕事ではなく、あくまで通関業者の組織の一員として仕事する、もしくは通関部門を自社に持つメーカー等に勤務します。商社や銀行(L/C発行銀行)に勤務する際には、就職する上での有利になりますが、通関士として専門的に勤務することはあまりありません。そのため給与はそれぞれの企業の賃金体系によって決まります。ただし、手当を支給している会社も多いようです。最近では、ネットショッピングの普及により、輸入・輸出業者が個人レベルにも大きく広がっていることが挙げられます。国際物流が多様化・複雑化するなかで、通関士の役割もますます拡大しているといえるでしょう。