資格

ニーズの高まる「介護福祉士」

shikaku5

介護福祉士とは?

介護の現場では広く知られる介護福祉士という職種。近年の高齢化社会の中ではまさに注目される仕事の一つです。介護福祉士とは、介護の資格の中で唯一の国家資格で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたってサポートしていく仕事です。また、日常生活をスムーズに行っていくのに支障がある人に入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、介護者に対して介護に関する指導を行う福祉の専門家です。社会福祉及び介護福祉法によると、介護福祉士とは、「専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者」と定義されます。介護福祉士は国民の福祉サービスを向上させる介護の専門家なので、介護の知識と経験をアピールするには信頼性の高い資格といえます。

介護福祉士の資格を得るには?

介護福祉士の国家試験の資格を取得するためには(A)福祉系高校を卒業する(福祉系高校以外の普通高校を卒業している場合は、養成機関に通えば無試験で資格取得できます)、または(B)実務経験を3年以上積んでいることが必須です。さらに2017年1月の介護福祉士国家試験からは(B)の実務経験を3年以上積んだ人には、「実務者研修」の受講を修了することが義務付けられ、今まで以上に介護に関する知識や技術の習得が求められるようになります。また、実務者研修必修のため,実技試験免除講習か実務者研修の受講で実務試験免除の得点も無くなります。試験内容は、筆記試験と実技試験があります。筆記試験は10科目があり、実技試験では、介護等に関する専門的技能試験が行われます。筆記試験は例年1月下旬で受験料は13,140円です。

介護福祉士の活躍の場。

介護福祉士はさまざまな福祉の現場でなくてはならない存在なので恒常的に求人があります。職場は大きく「在宅」と「施設」に分けることができます。在宅ケアの場合、入浴や排せつ、食事など身の回りの世話を行い、できるだけ自立した生活が送れるように手助けをします。また施設では特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、医療施設、身体障害者療護施設や、身体障害者福祉ホーム、障害者更生施設などを中心に幅広い活躍の場が広がっています。また、介護現場で働くヘルパーさんに指導や助言を行い、自分の持つ介護の専門知識や技術を広め、実際に介護を行う同僚の負担を減らすことも介護福祉士の仕事です。

こんな人が向いている!

介護福祉士の仕事はサポートする本人や家族・親族など多くの人と良いコミュニケーションをとることが必須なので、忍耐強さだけでなく、相手とじっくり向き合い理解しようとする社交的なタイプの人が向いています。今、人の悩みや不満にも耳を傾け、深い信頼関係が築ける人が求められています。介護の現場で求められるのは介護の技術や知識はもちろん、当事者の生活全般をコーディネートする力、家族、医師や看護師と連携をはかるための高いコミュニケーション力を持っていることも大切です。介護の現場では人材が不足しているので専門的な知識を持つ介護福祉士の存在は重宝がられています。