資格

音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判

音楽資格

ストレスを和らげて気持ちを落ち着かせたり、落ち込んだ気持ちを払しょくするために、音楽を聴いて気分転換することが習慣になっている人は多いようです。

このように、音楽は私たちの心にとても影響を与え、日常性かいつにおいてとても重要な要素になっています。

このような音楽の有効性を理解し、メンタルコントロールに取り入れる、いわば音楽療法を実践できることを証明できる資格として、「音楽療法インストラクター認定試験」という試験が生まれました。

この「音楽療法インストラクター認定試験」が、「日本インストラクター協会」にて実施されています。

この記事ではこの「音楽療法インストラクター認定試験」についてご紹介します。

 

特別な受験資格は必要なの?

 

結論から言えば、「音楽療法インストラクター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしも音楽関係の勉強をした経歴や、セラピストなどの心理系の資格や実務経験がなくても、自由に受験することができます。「音楽療法インストラクター認定試験」は、あくまでも音楽を精神的なケアに活かすための方法に関する知識を持っていることを認定するための試験です。

 

「音楽療法インストラクター認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル

 

音楽療法インストラクター認定試験では、音楽が心理面に与える影響力、その活用方法のスキルについて試験されます。

試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

 

1.音楽療法とQOL、音楽療法とは、音楽療法士の仕事、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)、QOL の研究、QOLと医療、QOLと音楽療法、QOLに音楽をどのように用いるか、これからの音楽療法とQOL

さまざまな音楽療法、調整的音楽療法(RMT)、調整的音楽療法の誕生、調整的音楽療法のセッション、イメージ誘導法(GIM)、イメージ誘導法の誕生、イメージ誘導法のセッション、分析的音楽療法(AMT)、分析的音楽療法とは、分析的音楽療法のセッション、行動的音楽療法、人間主義的音楽療法、人間主義的音楽療法の特色、人間主義的音楽療法の対象

 

2.音楽療法の実際、音楽療法の対象、音楽療法の目的、個人音楽療法と集団音楽療法、個人療法と集団療法の選択基準、個人音楽療法と集団音楽療法、心理療法としての音楽療法、精神療法的音楽療法と訓練的音楽療法、能動的音楽療法と受動的音楽療法、能動的音楽療法と受動的音楽療法の選び方、能動的音楽療法と受動的音楽療法の議論、音楽療法のセッション

 

3.音楽療法の実際2、子どもの音楽療法、子どもの治療法、セッションの注意点、子どもに対するさまざまな音楽療法、親の心のケア、成人の音楽療法、統合失調症、神経症、心身症、、成人に対するその他の音楽療法、高齢者の音楽療法、高齢者の心理、高齢者の音楽療法の効果、セッションの流れ、認知症、今後の課題、

 

4.ホスピスでの音楽療法、ホスピスとは、配慮すべき点、音楽の提供法、リハビリテーション、音楽がリハビリテーションに効果的な理由、さまざまな病気のリハビリテーション

 

5.音楽療法に携わるには、音楽療法に携わるための段階、音楽療法に必要なこと、音楽療法の活動、音楽療法の活動場所、音楽健康法、音楽療法と保険

 

■受験料について

 

音楽療法インストラクター認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年現在

 

■受験申込について

 

音楽療法インストラクター認定試験認定試験は2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

申し込みから数日後に、試験問題と解答用紙が受験料代引き郵便で郵送されます。後は、決められた期間で内に、回答用紙を返送すれば完了です。後は、合格通知発送日から数日後に合否通知が郵送されます。また、必要に応じて、合格認定証および認定カードを依頼できます(ともに5500円 ※2016年現在)。申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請した後、顔写真を送付すると一月ほどで発行されます。

 

■受験場所について

 

在宅受験になっています。

そして、試験期間や答案提出期限の範囲内で、受験日を自由に選ぶことができるのはうれしいですね。

 

■合格基準について

 

音楽療法インストラクター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

 

音楽療法インストラクター認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「音楽療法インストラクター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

 

「ピアノ教室を開いています。子供から大人の方まで、幅広い年齢層の方を指導していますが、皆さんに共通するのは大きなストレスを抱えていることです。そこで音楽の癒しの力を活用する方法はないかと考えていて、この音楽療法インストラクター認定試験を知りました。合格後は、音楽を心の癒しに使う、というコースを始めたところ、大きな反響がありました。」

 

「ミュージシャンとしての成功を目指して、日々努力しています。そんな中ファンの人たちから悩み相談を受けることも多くなり、何かもっと役に立てる方法を増やしたいと考えるようになりました。この音楽療法インストラクター合格後は、もっと音楽を生活の中で活用すれば心が楽になれる、と堂々と語ることができるようになりました。」

などの声が寄せられています。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

このように音楽療法インストラクター認定試験は、音楽をメンタルコントロールに活用する知識を、人に説明できるレベルまで到達しているかをはかることができる試験です。

音楽で人の役に立ちたいと思うあなたにピッタリの資格試験になることでしょう。

ぜひこの「音楽療法インストラクター認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
音楽療法資格 音楽療法資格