資格

食える資格ランキング 1~5位

shikaku5

今はあらゆる業界にさまざまな資格が存在します。趣味として楽しめるものから、実践で使える、仕事として役立つものまでさまざまです。その中でも、実際に食べていける資格として、おすすめのものをランキングにしましたので、気になる場合はチェックしてみてください。

1位:メンタル心理ヘルスカウンセラー

ストレス社会といわれる現代、悩みや不安を抱えてしまう人が急増しています。
メンタル心理ヘルスカウンセラーは、ストレスなどが引き起こす症状や影響についての知識を持ち、カウンセリングを通して、治療を行います。

現代社会で、メンタルヘルスをサポートする業務は需要が高まっているため、メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格は役に立つ場面も多いでしょう。
資格取得後は、プロのカウンセラーとして知識を活かすことが可能です。精神科などの医療機関、福祉施設、教育機関などで募集が行われています。

メンタル心理ヘルスカウンセラーをなりたい場合は、専門知識が学べる学校や通信講座で知識を習得し、「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が実施する認定試験で合格を目指しましょう。

2位:服飾インストラクター

服飾インストラクターは、ファッションの色使いやデザイン、着こなし方など、服飾に関しての知識を一定レベル以上有している場合に認定される資格です。

服飾インストラクターの資格を取得すると、ファッションに関する知識があるとみなされ、ファッション業界やアパレルメーカー、洋服店などでの就職が有利になるでしょう。

ファッションに興味があり、ファッション業界で食べていきたいと考える人におすすめの資格です。

3位:安眠インストラクター

安眠インストラクターは、睡眠の知識を有し、快適な眠りにつくための方法を指導します。
質の良い睡眠は、美容と健康の条件です。しかし、現代はストレス社会と言われ、眠りを妨げる原因も増加し、快適に眠れないという悩みを持つ人も増加しています。
そのため、安眠インストラクターは、需要が高い資格と言えるでしょう。

試験は在宅で受験できるので、気軽に取得が目指せる資格です。
資格取得後は、講師活動ができるほか、快眠サロンや福祉施設などで知識を活かして働くことも可能です。
努力次第で、安定した収入を得られる可能性がある資格です。

4位:CADデザインマスター

CADとは、建築などの設計をコンピューターを用いて行うこと、あるいはそのような設計を行うためのソフトのことです。
CADデザインマスターは、世界標準CADであるAUTOCAD、JWCADを使用するための知識を有している場合に、認定される資格です。

CADデザインマスターの資格を取得すると、CADを用いるあらゆる業界において、就職の際にアピールすることができます。また、資格を取得して経験を積んでいけば、CADを必要する業界から依頼を受け、設計を行う仕事を受注して生計を立てることも可能です。依頼者から信頼を得られるようになれば、継続的な仕事の依頼を受ける可能性もあります。実力によっては、600万円ほど稼いでいる人もいるようです。

5位:ソムリエインストラクター

最近は、日本でもワインを楽しむ人が増えてきました。ワインは、品種や産地、製造法などにより数多くの種類があり、ソムリエインストラクターは、そのようなワインについて熟知し、各種料理に合わせて適切に選択して提供します。

ソムリエインストラクターには、ワインの知識だけでなく、料理の知識やコミュニケーション力も必要とされます。また、実際の業務では、ワインの仕入れや保管、管理なども行います。

ソムリエインストラクターの資格を取得すると、自宅などで講師活動が行えるほか、酒類販売業やレストランなどで知識を活かして働くことが可能です。
ソムリエインストラクターとしての給与は、平均300~500万円ほど、経験を積むほど給与が上がっていき、努力次第で安定した収入を得られるようになるでしょう。