資格

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育資格

生きていく為に食事は無くてはならない必要な要素ですよね。しかし、ただ食べれば良いというわけではないですよね。折角ならおいしい食事、健康に気を付けた栄養バランスの良い食事をしたいものです。
近年、食育といく言葉をよく耳にするようになりました。食を通じて健康的な体を作るということです。特に、成長期のお子さんをお持ちのお母さんは、子供に何を食べさせたら良いのか、子供の成長の手助けとなる食材は何かと頭を悩ませていることでしょう。また、高齢になれば身体の衰えとともに、身体に変化が生じてきます。年齢や身体の状態に合った食事を摂ることは健康の秘訣でもあります。
今回は、食に関する資格、食育健康アドバイザー認定試験をご紹介します。安全で健康的な食生活を送る為には、食に関する知識が必要と言えます。資格取得を通じて習得してみてはいかがでしょうか。

食育健康アドバイザー認定試験とは?

食育健康アドバイザー認定試験とは、日本安全食料料理協会が認定している資格となっております。食育基本法をはじめ、食育と生活習慣病との関連性や健康的な食生活を過ごす為の知識などを有している方を認定しています。

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品に関する知識、料理技術に関するスキルが一定の水準を越えていることを認定している協会となっており、各スキルを必要とする企業や現場が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

食育健康アドバイザー認定試験の概要

食育健康アドバイザー認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。

食育健康アドバイザー認定試験に合格したら?

食育健康アドバイザー認定試験に合格することで、食育に関する広い知識、食材の有効的な活用方法、成長に必要な栄養素、生活習慣病に対する予防法など、食に関する広い知識を有しているという証明となります。その為、飲食関係・調理関係のお仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、食育に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールや料理教室などで講義活動をされている方もみえます。

食育健康アドバイザー認定試験の評判

食育健康アドバイザーは口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、普段の日常にも活用できる知識が身に付いた、子供に栄養バランスを考えて食事を作れるようになった、家族に安全な食事を作れるようになったなどが目立ちます。また、現在飲食関係で勤めている方は、知識を得たことによって新しいメニューを創作することが出来た、お客様に料理の説明が具体的に出来るようになったなどの声も届いています。
実用的な資格として、多くの方から評価を得ている資格の一つと言えます。

まとめ

毎日、生活していく中で食事は必要不可欠な要素であり、食事でしか栄養を得ることができません。資格を取得し、食育に関する知識を習得することで、より健康的な食事を作ることが出来たり、季節に応じて変化する身体に応じた必要な栄養素、バランスの取れた食事を作ることが出来るようになります。
資格取得時には、現在の自身の食生活を見直す良い機会になるかもしれません。自分自身の食生活の改善、家族への食生活の改善に得た知識が一役を担うことにもなるでしょう。もし健康的な毎日を過ごしたい、栄養バランスの取れた食事をしたいと思われている方は、資格取得を目指されてはいかかでしょうか。
食育 食育