資格

福祉住環境コーディネーター検定試験

shikaku5

福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が自立し、いきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。福祉住環境コーディネーター検定試験は、東京商工会議所によって運営される民間資格で、幅広い知識で、高齢者や障害者が暮らしやすい縦貫業を提案するアドバイザーを養成することを目的としています。少子高齢社会を迎えるにあたり、医療、福祉、建築についての総合的な知識が身につくこの資格のニーズは住宅業界や福祉業界などのフィールドで着実に高まっています。2級資格を取得すると、介護保健を利用した住宅改修に必要な書類が作成できます。また、社会的な事業に携わる場面だけでなく、自宅に高齢者がいる場合やリフォームをする場合にもこの知識が役に立ちます。

資格の活かし方

この資格は、工務店、リフォーム会社、福祉用具販売・レンタル会社などの現場で役に立つ資格です。ただし、この資格を活かすには建築や福祉の業務経験が必要です。業務経験がなく、福祉住環境コーディネーター資格を取得しただけでは、就職・転職に有利になることはあまりないかもしれません。福祉住環境コーディネーターを先に取得した場合は、住環境関連のなかで最も認知度の高い建築士の資格を取得するとかなりの強みになります。また、介護保健に基づいて福祉用具の貸与を行う福祉用具専門相談委員も仕事の幅が広がります。

試験概要

福祉住環境コーディネーターは3級から1級までのレベルに分かれており、3・2級は、年齢や学歴に関係なく、誰でも受験できる検定試験です。1級は2級合格者のみに受験資格が与えられています。試験日は、3・2級が7月中旬と11月下旬、1級が11月下旬となっています。受験料については、3級が4,320円、2級が6,480円、1級が10,800円です。試験内容は3級・2級はマークシート方式で、少子高齢の社会情勢からバリアフリー、ユニバーサルデザインなど幅広い分野のものが出題されます。1級はマークシート方式に加え記述式もあり、①これからの社会に求められる福祉住環境設備②福祉住環境コーディネーター1級の役割③地域で支える高齢者ケア④地域で支える障害者ケア⑤地域福祉の推進と福祉のコミュニティー、などが出題されます。この試験は独学でも合格する人が数多くいるといわれますが、通信講座などを利用して勉強する人もいます。

展望

福祉住環境コーディネーターは高齢者や障害者が住みやすい住環境を提案・作成していくアドバイザーであり、人口の高齢化が進む今日、その需要はますます高まっているといえるでしょう。とりわけ、バリアフリー対策が重要視される老人ホームや介護施設、病院などの医療現場でも求められており、注目度の高い仕事です。また、介護保険で規定されている住宅改修費の支給申請時には、介護支援専門員等が作成した改修が必要な理由を記載した書類が必要ですが、福祉住環境コーディネーター2級取得者は作成者となることもできます。この仕事は独立して専門的に働いていくのは難しいのですが、実務において建築・医療・介護福祉などと連携して仕事をしていく際に活躍の場がある職種です。