資格

CAD資格ランキング1~6位

cad

CADとは、コンピューターを使用して設計をすること、または、コンピューターによる設計支援システムのことです。CADを使うと、手書き設計より短時間で正確に、図面を作成できるため、さまざまな業界で必須のスキルと言えるでしょう。CAD資格でスキルを身に付けて、仕事の可能性を広げてみませんか。

1位:CADデザインマスター

CADデザインマスターは、「日本デザインプランナー協会」が認定する資格です。
CADは、それぞれの業界や会社によって使うソフトが異なるのですが、この資格では、世界標準CADである、「AUTOCAD」と「JWCAD」を使用できる知識があることを証明します。

CADデザインマスターの資格を取得すると、建築業界や電機業界を始め、CADを用いるあらゆる業界で通用する知識を身に付けられるので、就職や転職に有利となるでしょう。

受験申請はネットから行うことができ、試験も在宅で行うことができます。通信講座などで知識を身に付ければ、初心者からであっても試験の合格は可能です。CADを仕事に活かしたい場合は、まず取得することをおすすめしたい資格です。

2位:建築CADインストラクター

建築CADインストラクターは、建築設計、施工図、建築CADシステムについての一定レベルの知識があり、かつ、世界標準CADであるAUTOCADかJWCADのどちらかを、実務で通用するレベルで使用できることを認定する資格です。

認定試験は在宅で受験でき、難易度も比較的易しいものですが、CADが初めてで何から始めたらいいか分からないという場合は、専門の通信講座などを利用するとよいでしょう。

資格取得後は、講師として活動ができます。独立して実力をつければ、CADを導入している企業などに、指導に行くなどして収入を得ることも可能です。

3位:土木CADインストラクター

建築CADインストラクターの土木系で、同じく「日本インストラクター技術協会」が認定する資格です。
土木製図の基本知識を始め、コンクリート構造や鋼構造や橋などを理解した上で、CADシステムのAUTOCADかJWCADどちらかを十分使いこなせるレベルであることを証明します。

受験申請はインターネットででき、試験は在宅で受験できます。

資格取得後は、自宅や教室で講師活動ができます。幅広く仕事に活かしたい場合は、建築CADインストラクターも併せて取得しておくと便利です。

4位:機械・設備・電気CADインストラクター

こちらの資格も、「日本インストラクター技術協会」が認定するものです。機械・設備・電気CADにおいてのあらゆる設備設計について理解し、CADシステムのAUTOCADかJWCADのうちどちらかを使って、十分実務に通用するレベルであることを証明する資格です。

認定試験は在宅で受験でき、難易度もそれほど高くありません。

資格取得によって、専門的分野における基礎的なスキルの習得ができます。実際に仕事で活かすためには、現場でさまざまな経験を積んでいくことが必要となるでしょう。

5位:CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CAD業界において、最も認知度が高い資格試験と言えるでしょう。
1級、2級、基礎試験に分かれていますので、初心者からでも徐々にレベルアップを目指していくことができます。

あくまで、CADを利用するための技術を問う試験であるので、実際にCADを使って設計などをするためには、現場で経験を積んでいくことが必要でしょう。

6位:建築CAD検定

CADを用いて建築画面を作成する知識やスキルを認定する資格です。
准1級から4級まであります。
受験資格は特にありませんが、4級については、高校で受ける団体受験のみ受け付けされています。
試験はすべて実技で課される点が特徴です。

デザイン事務所や設計事務所などで資格を活かすことが可能です。仕事に活かしたいのであれば、合格率20%前後でやや難易度の高い准1級か2級までは目指したいところです。
CAD資格 建築模型・住宅模型資格