資格

DIY資格人気ランキング

diy

DIY工作は元々アメリカやヨーロッパを中心に流行していた文化でした。マイフォームのリフォームや家具の制作を家庭で済ませてしまうという人も少なくありません。それだけでなく、家具や家電の破損に関しても、可能な限り自分で修理するという風潮があります。このDIY工作のブームは、最近では日本にも流入しつつあります。テレビ番組の企画の中で、タレントの方が大きな電動ノコギリを使って木材から家具を作り出す様子や、家庭のリフォームをする様子を度々目にするようになりました。皆さんもこのようなDIYの技術を身に付けてみたいとは思いませんか?ふと思い立ったものを自分の手で作ることができたら非常に楽しく、便利であることでしょう。以下では、そんなDIYに関する資格の中で、特におすすめのものを3つピックアップし、ランキング形式で紹介いたします。

1位 DIY工作アドバイザー

日本生活環境支援協会で取り扱われるDIY工作アドバイザーの資格では、DIY工作に必要な基本的な知識や、ジグソー、ノコギリ等の道具の扱い方に関する技術を身に付けることが目的とされています。具体的な資格試験内容は、DIYの基礎知識、必要な道具、ボンド、マスキングテープ、彫刻刀、電動ドライバー、ジグソーなどの工具の使用方法、カッティングシート、インテリアシールの貼り方、レンガの積み方、クッションフロアの敷き方の習得度合いをテストするものとなっています。その水準が一定以上だと認められた方に資格が与えられます。また、資格が認定された方は自宅やカルチャースクールなどでの講師活動が可能となります。以下に挙げる資格よりも資格試験内容がより詳細に公開されていますので、より取り組みやすいのではないでしょうか。

2位 日曜大工スペシャリスト

こちらの資格は、諒設計アーキテクトラーニングが取り扱うものの1つです。試験は2ヶ月に1回行われていますので、いつでも気軽に申し込みが可能です。日曜大工スペシャリストの資格概要は、日曜大工の際に必要とする道具の使い方や床材の種類、壁紙の張り方、レンガの種類、棚や家具などの制作知識を理解することを目的としています。資格取得後には、取得のために得た知識を応用したDIY作品を作ることができます。

3位 DIYアドバイザー

この資格は日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会で扱われている資格です。この協会が提示するDIYアドバイザーとは、住まいの手入れや補修を自らの手で行い、快適な生活空間を想像したいと願う生活者を対象にDIYの指導や相談に携わる方、とされています。DIYが新しい時代のライフスタイルとして注目を浴びている中で、DIYに関する知識や道具に関して、周囲の人に的確に伝達できる方が求められています。その流行に応えられる人材を育成することがこの協会の目的とするところです。資格試験は一次と二次に分かれており、一次では主に知識、二次では実技的な能力をテストします。認定試験を合格することで、DIYアドバイザー認定証が交付されます。上記2つの資格に比べ、試験の内容がやや本格的な部分があるため、気軽に受験することができません。既に基礎的な知識と技術が身に付いているという方は挑戦してみると良いのではないでしょうか。
DIYアドバイザー DIYアドバイザー