資格

安眠インストラクター認定試験口コミ評判

快眠セラピスト

仕事や学校でのストレスや、スマホやタブレットの画面の見過ぎ、はては近隣の大きな生活音、など、現代人の日常生活には、安眠を妨げる要素がたくさんあります。不眠に悩む人が絶えないのも無理はありません。

そこで、不眠に悩む人たちをサポートし、安眠のための様々なポイントをレクチャーできるスキルを証明する「安眠インストラクター認定試験」が、「日本インストラクター協会」にて実施されています。

この記事ではこの「安眠インストラクター認定試験」についてご紹介します。
特別な受験資格は必要なの?
結論から言えば、「安眠インストラクター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしもセラピストなどの心理系の資格や実務経験がなくても、自由に受験することができます。「安眠インストラクター認定試験」は、あくまでも不眠を解消し、安眠に導くために必要な知識を持っていることを認定するための試験です。

 

「安眠インストラクター認定試験」の試験詳細について

 

■試験レベル
安眠インストラクター認定試験において、試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

 

睡眠の基礎知識、睡眠について

快眠・安眠の役目、睡眠の現代事情

現代における睡眠、快眠・安眠の現状
■受験料について
安眠インストラクター認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 ※2016年現在
■受験申込について
安眠インストラクター認定試験認定試験は2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

申し込みから数日後に、試験問題と解答用紙が受験料代引き郵便で郵送されます。後は、決められた期間で内に、回答用紙を返送すれば完了です。後は、合格通知発送日から数日後に合否通知が郵送されます。また、必要に応じて、合格認定証および認定カードを依頼できます(ともに5500円 ※2016年現在)。申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請した後、顔写真を送付すると一月ほどで発行されます。
■受験場所について
在宅受験になっています。

そして、試験期間や答案提出期限の範囲内で、受験日を自由に選ぶことができるのはうれしいですね。
■合格基準について
安眠インストラクター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。
 

安眠インストラクター認定試験の口コミと評判

 

では、実際に「安眠インストラクター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。
「長年不眠で苦しんでいる夫のために、なんとか安らかに眠らせてあげたいと考えて、この安眠インストラクター認定試験に挑戦しました。学習するにつれて睡眠のメカニズムの複雑さを知り、非常に興味を引かれ全く苦労を感じませんでした。合格後は、私の言葉に耳をあまり貸さない夫も、一目置いたように耳を傾けてくれるようになりました。不眠症状も改善されてきているようです。」

 

「職場のメンタルヘルス改善委員を務めています。うつ症状のため勤務が不規則になっていた社員へのアドバイスに役立つかもしれないと、この安眠インストラクター認定試験を受験しました。合格後にはほかの社員からも不眠についての相談を受けるようになり驚きました。微力ながら、健康に働ける職場作りに貢献できれば幸いです。」

 

「中学校の保健室で勤務していますが、今の子供たちは不眠で悩むことが多く、しかも勉強や部活、習い事に追われています。可愛そうで見ていられずこの安眠インストラクター認定試験に合格して、少しでも力になれたらと考えました。すると、この安眠インストラクターという資格に興味を覚えて、医者や看護師になりたいという夢を持つ子が出てくるなど、思いがけない効果がありました。」

などの声が寄せられています。

まとめ

いかがでしょうか?

このように安眠インストラクター認定試験は、不眠に悩む人たちの悩みを解消し、安眠のための方法をわかりやすく説明できるようになるための試験です。

意外とたくさん睡眠に悩みを抱える人は周りにいるものです。きっとこの安眠インストラクター認定試験で得た知識は周囲の人々や、職場の同僚やお客様のために役立てられることでしょう。

ぜひ、この「安眠インストラクター認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
快眠 快眠