資格

水耕栽培資格人気ランキング

あなたは自分で野菜や植物を作ってみたいと考えたことがありますか?
巷でも有名になり、世間に広まりつつある「水耕栽培」。
一度は耳にしたことのある人も多いと思います。

土とは違った環境づくりに苦戦し、断念する人が多いのですが水耕栽培は正しい知識を持って挑めば、土の畑と同じように植物を育てることが可能です。
ただ、素人が本を片手に学習を進めるのは非常に難しく今期も必要なので、今回は水耕栽培について学ぶことが出来る人気の資格をランキング形式でまとめさせて頂きました。

水耕栽培に挑戦してみたい人、家庭菜園を行ってみたいとお考えの方はこちらで紹介する資格を取得することで、希望を叶えることが出来るかもしれません。
初めての方でも楽しく学習し、理解を深めた状態で水耕栽培を行うことが出来るようになる資格ばかりですので、少しでも興味をお持ちの方はランキングをご覧ください!

ランキング1位 野菜水耕栽培士

ランキング1位に紹介させて頂くのは、日本生活環境支援協会の「野菜水耕栽培士」になります。
こちらの資格では、水耕栽培の基本的な知識を学習することが出来ます。
水耕栽培に適している野菜はどんなものか、どのような環境が必要で、どのようなノウハウを用いて水耕栽培を行っていくのか。
メンテナンスの方法や、様々な野菜の育て方など知るべき知識を徹底的に学ぶことが出来ます。
学習する内容、範囲が非常に多いので難しいと思われる方も多いと思いますが、こちらの資格では学習内容をわかりやすいカリキュラムにより効率的に学ぶことが出来ます。
なので、実際に水耕栽培を経験したことがない人でも楽しみながら学習を進めることが出来ます。

なお、野菜水耕栽培士の資格を取得するためには、受験料10000円を払い在宅での試験を受ける必要があります。
設定された評価に達することで、野菜水耕栽培士の資格が与えられるので試験前にはしっかりと勉強する必要があります。
試験の申し込みはインターネットで行うことが出来るので、自分でスケジュールを管理して資格取得に挑むことが出来ます。

野菜や植物を育てることが好きな人、耕栽培士の魅力を知り楽しみたい人、耕栽培士の知識をお仕事に活かしたい人など、多くの人に楽しんで頂ける資格になっております。

ランキング2位 水耕栽培インストラクター

ランキング2位に紹介させて頂くのは、日本インストラクター協会の「水耕栽培インストラクター」になります。

こちらの資格では、水耕栽培インストラクターになるために必要な知識を学ぶことが出来ます。
水耕栽培でどのような野菜を育てることが出来るのか、どのような器具を使い、どのような肥料を使っているのか。
学ぶことは沢山あり、個人では学びきれない内容量であると思います。
しかし、こちらの資格でもわかりやすいカリキュラムが用意されているので、経験がない方でもしっかりと理解を深め、水耕栽培インストラクターになるための一歩を踏み出すことが出来ます。

こちらの資格も、1位で紹介させて頂いた野菜水耕栽培士の資格と同じように、受験料10000円を支払い在宅での受験に合格することで資格を取得できます。
インターネットで申し込みを行うことが出来るので、都合の良い日程を探しやすい特徴があります。
出題の傾向も、あまり難易度が高いものではないので試験前に勉強を行っておけば合格する人が殆どです。

将来的に、インストラクターとして活動したいとお考えの方や、水耕栽培のプロとして活動したい人、水耕栽培をカルチャースクールなどで広めたいとお考えの方にお勧めの資格です。
初心者にもおすすめの資格ですので、植物や野菜に興味のある人には資格取得をお勧めいたします。

ランキング3位 美味安全野菜栽培士

ランキング3位に紹介させて頂くのは、日本園芸協会の「美味安全野菜栽培士」になります。
こちらの資格では、美味安全野菜栽培士として活動する為に必要な知識を学ぶことが出来ます。
こちらの資格では、数多くある野菜の知識を学ぶことが出来ます。
スーパーに並んでいるような一般的な野菜から、市場にあまり出回らないような珍しいものまで、様々な知識を学ぶことが出来ます。
勿論、家庭菜園を行う際の知識や水耕栽培を行うために知識も学ぶことが出来ます。
これから農業について学びたいとお考えの方に向いている資格です。
独学で学んできた人は、自分の知識、技術の力試しとしてこちらの資格に挑戦するのも良いかもしれませんね。

資格取得後には、美味安全野菜栽培士として、カルチャースクールなどの組織に属して「野菜のプロフェッショナル」として講師活動を行い、野菜栽培の魅力を世間に広めることも可能になります。
趣味としての知識だけでなく、プロとしても通用する知識を学びたい人はこちらの資格を取得しましょう。

水耕栽培に限定して深い知識を学びたいとお考えの方は、1位で紹介させて頂いた「野菜水耕栽培士」を取得すると良いでしょう。