資格

焼酎資格人気ランキング

焼酎

お酒を美味しく楽しむには、いくつかの知識や経験が必要となります。なかでも焼酎は奥が深く、専門的な知識を得られれば仕事やプライベートでも十分に活用することができるでしょう。しかしただ焼酎を飲んで毎日楽しむだけでは、いつまでたってもプロの領域まではたどり着けません。焼酎を本気で学ぶ気がある人は、まずは資格試験への挑戦を具体的な目標としましょう。
焼酎の専門資格を取得すれば、その道のプロとして自分をアピールすることが可能となります。それはお酒の席で場を盛り上げるだけでなく、職場での業務や就職の際にも大いに役立つことでしょう。焼酎をこよなく愛し、勉強への情熱を燃やせるのなら、下記のランキングから自分にとって1番実用的な資格を探してみてください。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎の製造方法や飲み方に合わせた楽しみ方など、焼酎を日常的に美味しくたしなむ技術を得たいのなら、日本安全食料料理協会が認定する「焼酎セレクトマイスター」の資格勉強をはじめてみてください。焼酎の原材料や歴史を学ぶことで、ただお店で買って飲むだけでは味わえない焼酎の真髄を知ることができるでしょう。

文化や土地によって異なる焼酎の魅力を総合的に学べれば、自分の好みの幅を広げることができるでしょう。こんな場面にはあの飲み方が合う。あの友人には今度こういった焼酎を勧めてみよう。「焼酎セレクトマイスター」の資格を取得することで、そういう専門的な考え方ができるようになります。お酒好きを極めるには、本資格の取得は大切なプロセスとなるでしょう。

2位 焼酎セレクトアドバイザー

米焼酎や麦焼酎、芋焼酎や泡盛など、焼酎にはさまざまな種類が存在することはご存知でしょう。それぞれの焼酎には特徴があり、そのときの気分や料理によって適切なものは変わります。日本インストラクター協会の「焼酎セレクトアドバイザー」資格を取得すれば、そのときに1番求められる焼酎を簡単に選択できるようになるでしょう。

焼酎を楽しむには、グラスや雰囲気作りにまでこだわらなければなりません。「焼酎セレクトアドバイザー」は、そういった焼酎を美味しくさせるサポートにつながる資格となっています。飲食や酒造業に関わる人は、取得しておくことであらゆるメリットを得ることができるでしょう。

3位 焼酎唎酒師

焼酎をオススメし、美味しい飲み方を提案するには、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の「焼酎唎酒師」を取得してみましょう。資格を学ぶことでアドバイス力が鍛えられ、焼酎の魅力をつたえるプロとしての活躍につながります。

焼酎に詳しくなれれば、焼酎を通したコミュニケーションがあなたの特技となります。仕事やプライベートを充実させるには、「焼酎唎酒師」で学んだ焼酎の知識が役に立つでしょう。焼酎を本気で学ぶ必要があるときは、本資格の概要をチェックしておくことをオススメします。

4位 焼酎検定

すでにある程度焼酎の知識に自信がある人は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会の「焼酎検定」にチャレンジしてみるといいでしょう。現在の職業や学歴にとらわれず誰でも資格の取得を目指せるので、お酒好きなら1度は挑戦しておきたい資格となりますね。

1級・準1級・2級・3級と分かれているので、自分の持つ焼酎の知識に合わせて選択ができます。少しずつ焼酎について学び、段階的に「焼酎検定」の資格を取得していくのもいいでしょう。自分のペースを崩さずにいられるので、忙しいけれど焼酎の専門資格を取得したい人にぴったりですね。

5位 焼酎きき酒師

焼酎の基礎知識とそこからの応用を学ぶには、専門の教材と集中できる環境が役立ちます。産業能率大学総合研究所による「焼酎きき酒師」の資格を得るための講座は、真面目に焼酎について知りたいすべての人にオススメです。

カリキュラムによって順序よく学べれば、無理なく焼酎について詳しくなれるでしょう。資格の勉強がしたいけれどなにからはじめたらいいのかわからない。そんな人にとって「焼酎きき酒師」の資格は、ベストな選択となりえるかもしれません。
焼酎資格取得 焼酎資格取得